京あられのルーツ

京あられのルーツ

画像
弘源寺

京都盆地の西北にそびえる愛宕山(924m)は、東の比叡山(848m) と並んで、京のシンボルのひとつです。
京の人々は、愛宕の峰に雲がかかると、「雨が近い」といい、雪を見れば、「お山が白い、今日は寒おっせ」と愛宕山を仰いで、その日の天候を占ってきました。また、山頂の愛宕神社は「火難除け」の神として知られています。

伊勢には七度、熊野へ三度、愛宕さんには、月詣り。

といわれてきましたが、毎年8月1日午前0時に行われる「通夜祭」に参詣ですると、千日分の功徳があるというので、「千日詣」と呼ばれています。前日の夕方から参詣する人々でにぎわいますが、清滝からの約5キロのけわしい山道は、気軽に月詣りとはいかないので、「千日詣」が生まれたという説もあります。

千日詣をすると、火除けの守札と、樒(しきび)の小枝が授与され、
これを「カマド」の上や、門前にさしておくと、
火災から免かれるという習わしがあります。
樒はもともと、仏前のものですが、神枝とされるのは、
神仏習合時代の名残りでしょう。

気象条件に左右されやすく、火を使う私たちの業界です。
先輩たちは、朝に夕に、このお山を仰ぎ、無事を念じてきました。

愛宕山からの流れのうち、梨ノ木谷と大杉谷の流れは、
合して堂承川(地元では堂尻川という)となって、清滝川に合流。

清滝川は落合で保津川に入ります。
大杉谷流れの源流近くに、高さ10mの「空也の滝」があります。
その名の通り、空也上人(903~72)修行の場と伝えられ、
愛宕五山のひとつ、月輪寺には、空也の立像(重文)があります。

古くから修験者が集まりくる行場であって、空也も参篭した1人でした。
空也は、世間大衆と結びついた念仏教化として知られ、
後に六波羅蜜寺(京都市東山区)を建立しています。

愛宕五山とは、中国の仏教の霊場、五台山にならったものです。
五台山の五峰に対し、
朝日岳、大鷲峰、高尾山、竜上山、加魔蔵(かまくら)山、を配し、
五寺には、神護寺、白雲寺、伝法寺、日輪寺、月輪寺をあてました。

江戸時代、この滝で篭り行をしていた1人の僧がいました。
嵯峨天竜寺の塔頭、弘源寺に身をよせていた
涌蓮(ようれん)上人(1715~74)でした。

涌蓮は、里人が差上げた餅を切り、「あられ」を造って里人に与え、
自らも好物だったと伝えられています。
空也の滝の修行中、涌蓮の体力を支えたのは、
自らが造った「あられ」でした。
こうしたことから、私達の業界では、
涌蓮にそのルーツのひとつを求めているのです。

寛政2年(1790)刊行の「近世畸人伝」は、
つぎのように記しています。

僧涌蓮は、伊勢の人。
真宗高田派の僧で、江戸院家地(いんげち)の住職であったが、
高僧伝(知徳がすぐれた僧の伝記)を読んで感ずるところがあった。
病気のためという一書を残し、草衣に改め、そっと京へ登った。

生島(いくしま)という人の物見の亭に仮住居していたが、その後は、
嵯峨のあちこちに住んでいた。
生涯、一物のたくわえず、明け暮れ、念仏をする間に、
歌を読んでいたのに、歌書は一卷もなかった。

お世辞をいうこともなく、気のむくままに暮らしていたが、
かえって飾り気がないことは、人のおよばぬ所であった。


また、入京した頃、冷泉(れいぜい)家について和歌を学びましたが、
その理由はなく、気が進まないと、やめています。

二尊院の坊をかりていた浮木法師が、
あやまって出火した時、涌蓮は、かけつけて、

かかるとき、常の心のうごかぬを 終りみだれぬ ためしにせよ

と詠みました。後年、冷泉為村は涌蓮をたずねるが、
その頃、涌蓮と為村と間には歌のやりとりがあった。

安永3年(1774)5月28日、同じ日に2人は世を去った。
(畸人伝の著者、伴高蹊は、涌蓮と面識がありました)。

京あられのルーツ

Page Top