会社概要

会社概要

会社概要

住所 〒615-0056
京都市右京区西院西貝川町99
電話 075-881-0881
FAX 075-881-0883
Eメール kyoto@narumiya.co.jp
営業時間 9:00~18:00(日曜・祭日は10:00~17:00時迄)
定休日 不定休(年始1月1日、2日はお休みを頂いております。)
代表取締役社長 鳴海 健治
資本金 1000万円
従業員 20名(アルバイトを除く)
販売店 京都駅ビル専門店街ザ・キューブ一階おみやげ小路・京名菓
京都駅前地下街ポルタ京名菓売場
京都駅八条口近商ストア
京都駅八条口アスティ
ジェイアール京都伊勢丹SUBACO
近鉄あべのハルカス地下2階諸国銘菓
TODAY'S SPECIAL Kyoto
TODAY'S SPECIAL Shibuya Hikarie ShinQs
D&DEPARTMENT KYOTO 


その他量販店・ギフトコーナー


                       
製造品目 ぶぶあられ・なるみのあられ・炭火焼おかき・切餅
玄米茶の素・ポン菓子
製法の特徴 昔ながらに、餅米をセイロで蒸して杵搗き製法で餅に仕上げ 弊社独自の低温乾燥で生地を乾かし、香ばしく焼き上げております。もち米は通常、佐賀県産ヒヨクモチ100%使用です。 不作等で産地が変更となる場合は、このページでご案内致します。
地域団体商標 京あられ®・京おかき®は地域団体商標に認証されております。
所属団体 京都米菓工業協同組合
京都のれん会

アクセス

鳴海屋の歩み

画像 たくさんのご愛顧を戴きお陰様で、
今年で94年目になります

大正12年11月22日
鳴海餅本店より独立して創業。
昭和20年
堀川通りの強制疎開(戦争)の為、西京区松尾木ノ曽町に移転
昭和32年
法人組織に変更
昭和36年
ゴールデン・ライスが菓子博で、名誉総裁賞を受賞
昭和40年
2代目 鳴海馨 社長に就任
昭和43年
右京区西院西貝川町99に移転(現在地)
昭和47年
3代目 鳴海力太郎 社長に就任
昭和50年
反復式焼窯を導入
昭和55年
ピロー包装機を導入
昭和58年
ポン菓子の製造を開始
昭和59年
4代目 鳴海健治 社長に就任。 のり巻の機械を導入
昭和61年
すべての商品を杵つき製法に変更。ひなあられを本格的に販売開始。計量機で、コンピュータースケールを導入。
昭和53年
京都国体の開催に合わせて、工場直売店を開店
平成3年
蒸し工程をせいろ蒸しに統一
平成6年
年末に小餅の販売開始
平成9年
京の集いを発売
平成10年
黒豆おかきを発売。焼窯を遠赤外線バーナーが組み込まれた窯に入れ替え
平成12年
ホームページをオープン
平成13年
堀川商店街の堀川鳴海屋を閉店
平成15年
きな粉あられ発売
平成16年
あられ茶漬け(七味味)を発売
平成19年
別棟に、新包装ラインを導入。白味噌おかき発売
平成25年
エコノマイザー搭載の高効率ボイラーと入替え(CO2排出量13t減/年)

                       

会社概要

Page Top